スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月23日放送分「グッド ウィル ハンティング」by たつみコータロー

★ グッド ウィル ハンティング (3月23日)

収録のために準備した、たつみコータローのメモをブログでお読みいただくことができます。
放送内容(音声)は番組サイトでをお聞きください。タッチミーコータロー

★今週は「グッド ウィル ハンティング」です。

みなさん、先月アカデミー賞の授賞式がありました。作品賞はイラン革命でイランから出れなくなったアメリカ人をCIAの突飛なアイデアで脱出を図るという作品、「アルゴ」が受賞しました。残念ながら本命視されていたスピルバーグの「リンカーン」は逃したわけですけれども、このアルゴを監督したのがベン・アフレックとういう俳優さんなんですね。今日は、彼の実質的な出世作、「グッドウィル ハンティングー旅立ち」を紹介したいと思います。

1997年公開のアメリカ映画で、ご存じマットデイモン、ロビン・ウィリアムズが共演しています。

ストーリーは、マットデイモン演じるウィルは大学の掃除を仕事としている青年なんですね。そのウィルがたまたま大学の黒板に書かれた誰も解けない数学の数式を解いて、話題になるんですね。彼は数学の天才だったんですね。彼を学者の道へと導こうと周りは奔走するんですが、型にはめられたくない、とにかくやんちゃなんですね。実は幼少期に親からの虐待を受け、孤児院に預けられたというトラウマがあったんですね。
 そこで半分無理やりに精神科医であるロビン・ウィリアムズ演じるショーンとのカウンセリングを受けさせることになります。
 この映画は、この二人の心の交流と葛藤、ウィルの周りのやんちゃな友人、そして、ウィルの不器用な恋愛が描かれた青春ドラマです。

この映画、1998年、第70回アカデミー賞で9つのノミネート、そして2つのオスカーを獲得しています。一つは脚本賞なんですよ。映画は脚本の良しあしで決まるといいますよね。どんなにいい役者でどんなにいい監督でも脚本がすべての基本です。それで、実はこの物語の脚本は主演のマットデイモンとベン・アフレックが共同で書き上げたものなんですよね。彼らは当時20代。もともと俳優の駆け出しだった彼らが、この脚本を売り出すんですよ。内容に目を見張るものがあったんでしょう。実力派監督がガス・バン・サントに決まり、そして、ロビン・ウィリアムズもキャストされます。そして彼らは、契約にちゃんと本人の出演というのを盛り込むんですね。これはロッキーでのシルベスタースタローン方式ですね。ちなみにベンアフレックの弟も出演しています。

この映画の舞台はサウスボストンであったり、ハーバード大学やMITのあるケンブリッジの街並みが出てきます。僕もボストンの大学で学びましたけど、ボストンという街はニューイングランド地方と言って、17世紀にイギリス人が入植してきたことから、そういう名前がついたんですが、レンガ造りのアパートとかですね、ヨーロッパ、イギリスのような街並みがきれいなところなんですよね。この辺りも映画でたっぷり楽しめますよね。

そして何と言っても、この映画ロビン・ウィリアムズが助演男優賞を受賞しているんですよ。「今を生きる」でも先生役がはまり役でしたが、ここでもバシっとはまってます。天才青年であり問題児でもある主役のマットデイモンとの最高の演技合戦はこの映画の一番の見どころです。

メジャーでないインディペンデント映画を配給するミラマックス社の底力も見れました。そして何と言ってもアメリカンドリーム、ゴールデンボーイと言われた若い二人のオスカー受賞で新たな才能が世に出た映画、グッドウィルハンティング。ぜひ見てください!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タッチミーコータロー 【 たつみコータロー 】

Author:タッチミーコータロー 【 たつみコータロー 】
ラジオシネマ【Touch me! コータロー】の番組ブログです。シネマナビゲーターの たつみコータロー がお届けします。(更新はスタッフが行なっています。)
OBC ラジオ大阪【1314kHz】
毎週 土曜日 6:35~6:45 放送(radiko.jp でも聞けます。ラジコで検索。)
番組サイトは http://kotaro.asia

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。