スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月26日放送分「さよならゲーム」by たつみコータロー

★さよならゲーム (1月26日)

収録のために準備した、たつみコータローのメモをブログでお読みいただくことができます。
放送内容(音声)は番組サイトでをお聞きください。タッチミーコータロー

★今週は「さよならゲーム」です。

みなさん、おはようございます。さて、今日はスポーツ映画の秀作を紹介したいと思います。アメリカはご存じスポーツ大国ですけれど、特にアメリカンフットボール、バスケットボール、そして野球ですよね。数々の野球映画が作られていますけれど、僕が一番好きな野球映画といえば、1988年公開の「さよならゲーム」です。
主演はケビンコスナー。男前なアメリカ人ですよね。でちょっと癒し系。彼は野球映画をいくつか出演していて好きなんですよね。この翌年には大ヒットしたフィールド オブ ドリームスがありますけれども、僕は、この「さよならゲーム」の方が好きなんですよ。

この映画、あるマイナーリーグチームでの話なんですね。3Aのチームのベテランキャッチャーとして活躍しているケビンコスナー演じるクラッシュ。そして、そんなチームに少しすっとぼけているけれど、若くて150キロの速球を投げる才能あふれたヌークがやってくるんですね。これは若きティム・ロビンスが演じています。そして、チームのご意見番で野球をこよなく愛する英語教師のアニーとの三角関係がストーリーの柱です。

さて、主要な登場人物はこの3人なんですが、ケビンコスナーの完全にハマり役ですね。マイナーリーグの選手だけれども地域では名が通っているベテラン。でもメジャーに行くには、歳が少しいっている。その事をちゃんと自分でも分かっていて引き際を探している少し哀愁漂う役ですね。こんな役やらせたら天下一品ですね。若きヌークの溢れんばかりの才能に少し嫉妬もしながら、彼なりの愛情で育てていくんですね。
そして、このヒロインのアニーがここに絡んできます。このアニーはスーザン・サランドンが演じています。大人の女性の魅力がたっぷりで、有望なプレイヤーを彼女の魅力で落としていくんです。付き合った選手は必ず成功すると自負している女性でもあるんですね。当然ヌークに目をつけるわけですが、クラッシュの男くささにも惹かれるという設定ですね。

いやー彼女が本当にいいんです。卓越した南部訛りの英語アクセントで語らせたら右に出る者がないですね。僕はテネシーに2年間いましたので、南部アクセントは多少は慣れましたけれど、初めはなかなか分かりづらかったですね。子音と母音の切れ目がはっきりしなくて、母音が延びたり鼻にかかったような言葉ですね。音楽のように流れるサウンドになるのが南部アクセント特徴なんですよね。これが作品の持つ哀愁をさらに深めています。

また、この映画いくつもの名言が生まれているんですね。その一つがアニーが冒頭で言う「色んな宗教を試してみたけれど、魂を満たしてくれるのは野球教だけだったわ」とかですね、「カトリックで使われるロザリオの数珠もボールの縫い目も108。ジーザスも粋なことするわね。捨てたもんじゃないわね」こんな感じでところどころ、野球を人生にたとえたりする哲学が出てくるんですね。

それに対してケビンコスナーも負けていないんですね。もって生まれた才能を生かし切れていない新人のヌークに対してこう言うんですね。「2割5分と3割バッターの違いを知ってるか。500打席のうち25本のヒットの差だ。シーズンは6か月で25週だ。つまり1週間にたった一本のヒットの上乗せで、ヤンキースタジアムでプレーできるかが決まるんだ」1流と2流の違いは紙一重だと、バシッと言うんですね。

クラッシュの教育のお蔭か、それともアニーのマジックか、ヌークは大リーグに昇格します。クラッシュの受け売りでインタヴューに応えます。
This is a very simple game. You throw the ball, you catch the ball, you hit the ball. Sometimes you win, sometimes you lose, sometimes it rains."
Think about that for a while.
野球ってのは投げて、取って、打って、時には勝って、時には負ける。そして時には雨が降る。そんなもんだよ。なかなか恰好いいですよね。

この「さよならゲーム」はアメリカ映画協会でスポーツ映画のトップ10の中に選ばれるほど評価の高い映画です。
ぜひ・・・野球映画をちょっと文学的な雰囲気で楽しめる映画です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タッチミーコータロー 【 たつみコータロー 】

Author:タッチミーコータロー 【 たつみコータロー 】
ラジオシネマ【Touch me! コータロー】の番組ブログです。シネマナビゲーターの たつみコータロー がお届けします。(更新はスタッフが行なっています。)
OBC ラジオ大阪【1314kHz】
毎週 土曜日 6:35~6:45 放送(radiko.jp でも聞けます。ラジコで検索。)
番組サイトは http://kotaro.asia

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。