スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月22日放送分「ダイハード」by たつみコータロー

★ダイハード (12月22日)

収録のために準備した、たつみコータローのメモをブログでお読みいただくことができます。
放送内容(音声)は番組サイトでをお聞きください。タッチミーコータロー

★今週は「ダイハード」です。

今日の映画は1988年公開のアクション映画。金字塔を打ち立てたダイハード。ベートーベンの第9。この曲なくして年は越せない!という方もいらっしゃるかもしれませんが、それぐらいハマってるんですよね。

さて、この映画のストーリー。主人公のジョン・マクレーンはNYの刑事。この役ははダーティー・ハリーと肩を並べるくらい有名な刑事になりました。演じるのがブルース・ウィリス。クリスマスイブにロサンゼルスの日系大企業で働く別居中の妻に会いに行くんです。パーティー会場である会社の高層ビルに到着すると、なんと運悪く、強盗団が地下にある金庫を狙って従業員を人質にとるという事態と遭遇してしまうんですね。
彼はビルの合間に身を潜ませながら、一人で犯人達と対決していくという物語です。
もうこの映画は、悪役とのやり取りですよね。強盗団の真の目的が何なのか。強盗団からすれば主人公の正体な何なのか。これの探りあい。心理戦。
まだ携帯電話がない時代ですよ。ビルの外と連絡が取れない。この密室でのハラハラが堪りません。ちなみにダイ・ハードの意味は「なかなかくたばらない」

途中からマスコミが事件を嗅ぎ付けて、外から中継し始める。しかし、その中継がきっかけで、とうとう人質の一人が主人公ジョンの妻であることが分かってしまうんですね。
さあ、無事に妻と人質を助けることができるのか。夫婦の仲は大丈夫なのか―という映画ですよね。
この映画以降、隔離された空間でヒーローが悪役に立ち向かう映画が増えました。
この映画で語られなければいけないのは、何と言っても主人公のジョン・マクレーン役のブルース・ウィリスですよね。
当時アメリカでは人気のあったコメディシリーズの主役として向こうでは知られていましたが、ダイハードのヒットで一躍世界的なスターになりました。
彼が確立したのは、これまでとは違った新しいハードボイルドですよね。奥さんとはなかなか素直になれず喧嘩ばかり。その奥さんに会いにたまたまLAに来たら、強盗人質事件に巻き込まれる。その事を何度も愚痴ってるんですね。
「世界一運の悪い男」がこの映画のキャッチコピーですが、ハスキーボイスで、まあセクシーっていうんですかね。あの髪の毛が後退しているところもチャームポイントにしてしまうという、憎めない人です。


僕も大好きで、これだけのスターなんですけれど、たくさんの映画に出て、「虚栄のかがり火」というのは、興業的に大失敗している作品もいっぱいあるんですね。しかしそこはダイ・ハード。もうだめか、と思った時にヒットが来るんですよ。94年クエンティン・タランティーノの「パルプフィクション」、翌年の「12モンキーズ」、98年「アルマゲドン」、99年の「シックス・センス」。
最近は「エクスペンダブルス」っていうB級映画にも出ていますよね。

名映画には名悪役ありです。
悪役のリーダーにはアラン・リックマンが配役されています。イギリスの方ですけれど映画ではドイツ人の設定ですね。ドイツ訛りの英語がうまいんですね。実はこの訛りも映画の重要なポイントになるんですねー。若い方にはハリーポッターでスネイプ役を演じた役者と言った方が分かり易いかもしれないですね。

よく練られた脚本、1回見ただけでは気づかない伏線がたくさんあるんですよ。だから何回も楽しめる。
ダイハードを見て、楽しいクリスマスをお過ごしください!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タッチミーコータロー 【 たつみコータロー 】

Author:タッチミーコータロー 【 たつみコータロー 】
ラジオシネマ【Touch me! コータロー】の番組ブログです。シネマナビゲーターの たつみコータロー がお届けします。(更新はスタッフが行なっています。)
OBC ラジオ大阪【1314kHz】
毎週 土曜日 6:35~6:45 放送(radiko.jp でも聞けます。ラジコで検索。)
番組サイトは http://kotaro.asia

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。